今話題のナットウキナーゼって一体どんな成分?

ナットウキナーゼという成分を耳にしたことがありませんか?
ここ数年、健康に関する興味・関心の高まりとともに、注目されている成分ですね。

実はナットウキナーゼは、納豆から抽出される酵素の名前で、納豆菌だけが生産できる血栓溶解酵素のことです。
大豆製品の中でも、このナットウキナーゼの酵素を抽出できるのは納豆だけです。

もともと健康に良いとされている納豆ですから、ナットウキナーゼももちろん、体に良い作用をしてくれる成分として注目を集めています。

ナットウキナーゼに期待される効果

納豆を食べると体に良いとはよく言われますが、ではナットウキナーゼにはどんな効果・効能があるんでしょうか?

ナットウキナーゼに期待される効果は、血栓の融解作用や血液をサラサラにする効果が主な効果とされています。

納豆を食べることで、これらの血液サラサラ効果はあるといわれていますが、毎日納豆を食べられるわけではありませんよね。

なので、ナットウキナーゼの含まれているサプリを飲むなどすれば、同じ効果が期待できるというわけです。

ある実験の結果によれば、血栓の融解作用はナットウキナーゼの方が効果が高いという結果もあるほどです。
血液への働きは納豆よりもナットウキナーゼの方が高いのかもしれませんね。

ナットウキナーゼが注目されている理由

近年の健康志向の上昇により、血液をサラサラにしたい、血管を若く保った方が良い、という思考を持つ人が増えてきました。

それにより、血液や血栓に作用してくれる納豆に注目が集まっています。

しかし、やはり納豆を毎日食べるのは大変なので、手軽にとれるサプリにするため、ナットウキナーゼが注目されているわけです。

血栓予防など、健康への働きを期待するほか、血管を若く保ちたいという美容意識の高い人にもナットウキナーゼが注目されています。

美容と健康は深く結びついているものですよね。
手軽に食べられる納豆菌として、ナットウキナーゼ配合のサプリがさらに注目されていくでしょう。

更新履歴