1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. 納豆との組み合わせ
  3. 血液が固まるのを防ぐアスピリンは納豆と飲み合わせてはダメなの?

血液が固まるのを防ぐアスピリンは納豆と飲み合わせてはダメなの?

アスピリンの中でも血液凝固を防ぐ薬として有名なのがバイアスピリンです。
では、ワーファリンと同じようにバイアスピリン服用者は納豆が食べられないのでしょうか?
バイアスピリンのビタミンKによる作用はあるのでしょうか?詳しく解説します!

アスピリンとは?

アスピリン、という名前は聞いたことがある方が多いでしょう。
アスピリンとは、炎症を鎮める作用のある薬のこと。

痛みや腫れ、熱などに効く薬で、対処療法的に使う薬ですので、根本には効きません。
抗炎症作用に加えて、血液凝固を防ぐ作用もあります。

バイアスピリンはアスピリン系の薬の製品名で、血液凝固を防ぐ薬です。
血管が詰まって発症する病気の方(心筋梗塞・脳卒中)に使われます。

アスピリンを飲んでいる人は納豆を食べられない?

バイアスピリンという薬は血液をサラサラにする効果のある薬と言えます。
では、ワーファリンと同じようにバイアスピリン服用者は、納豆を食べてはいけないのでしょうか?

世間ではそんな話が蔓延しているようですが、納豆を食べられないのはワーファリンだけ。
アスピリン(バイアスピリン、バファリンなど)を飲んでいる人には関係ないのです。

なぜなら、ワーファリンはビタミンKの拮抗薬だから。
納豆に含まれるビタミンKが悪影響を及ぼすために、ワーファリン服用者だけが納豆を禁じられるのです。

血液サラサラ効果のある薬と言っても、作用するメカニズムがまるで違います。
だから、バイアスピリンを飲んでいる方は、納豆を食べてはいけない、という心配はありません。

どうしても心配、という方は医師に相談してから納豆を食べるとよいでしょう。

スポンサードリンク

血液が固まるのを防ぐアスピリンは納豆と飲み合わせてはダメなの?に関連するコンテンツ