1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. サラサラに関するQ&A
  3. 納豆にはどんな栄養成分が入ってるの?健康にどのように役立つのか?

納豆にはどんな栄養成分が入ってるの?健康にどのように役立つのか?

納豆は健康にいい!これは良く知られています。
納豆の栄養成分は上げるときりがないぐらいたくさんあり、その栄養素の働きも多岐にわたります。
どれぐらいの栄養分が含まれているのか?どれぐらい健康にいいのか?納豆について詳しく解説します。

納豆の栄養成分

日本を代表する健康フードとして有名な納豆。
その栄養価は他の発酵食品と比べても非常に高く、上げるときりがありません。

代表的なものでは、タンパク質・食物繊維(水溶性・不溶性)・ビタミンB6・カリウム・マグネシウム・鉄分・ビタミンE・カルシウム・ビタミンB2・ビタミンK2・リノール酸・大豆イソフラボン・レシチン・セレン・ナットウキナーゼ・サポニン・ムチンなど。

本当に上げるときりがありませんね。
それぐらい栄養素が多く、健康に良い食品ということです。

納豆はどんな作用をしてくれるの?

納豆にはいろんな栄養成分が含まれていますが、その中でも納豆にしかない栄養成分があります。
ビタミンK2・ナットウキナーゼがそれです。

ビタミンK2はカルシウムが骨になるのを助ける、「オステオカルシン」という成分の働きを高める作用があり、ビタミンK2を多く含むのは納豆だけです。

ナットウキナーゼは最近、注目が高まっている成分で、血液をサラサラにする・血栓を融解する作用がある、といわれています。
その名の通り、納豆にしかない成分で、原材料である大豆にも含まれていません。

他にもすべての細胞のエネルギーとなるタンパク質、免疫機能や髪の毛・骨の形成に必要なビタミン類・腸の健康を保つ食物繊維など、健康な体作りを助ける栄養成分が満載なのが納豆なのです。

1パック食べるだけで、これだけの栄養成分が取れる食品を、ほかに探すのは困難でしょう。

1日1パック食べる習慣をつけるだけで、健康な体つくりを強力サポートしてくれます!
ぜひ、納豆を食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

納豆にはどんな栄養成分が入ってるの?健康にどのように役立つのか?に関連するコンテンツ