1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. サラサラに関するQ&A
  3. 体に良いと評判の納豆!副作用や禁忌、注意しなければならない事は?

体に良いと評判の納豆!副作用や禁忌、注意しなければならない事は?

体にいい食品の代表格は納豆ですね!誰もが認める健康増強フードですが、その納豆には副作用があるのでしょうか?
実は納豆には併用注意のものがあり、禁忌というべきものがあるのです。
納豆の副作用や禁忌についてご説明します。

体にいい食品の代表!

誰もが認める健康フードの代表は納豆ですね。

その栄養価は多岐にわたり、良質なたんぱく質やマグネシウム・鉄分・ビタミン類・ナットウキナーゼなど、どれも健康をサポートしてくれるものばかり。

毎日1パックの納豆が、健康を支えてくれると言っても過言ではないぐらい、栄養成分の高い食品です。

禁忌・副作用は?

納豆は文句なしに健康に良い食べ物ですが、納豆を食べる時に気を付けるべきことがあります。
それは併用注意の薬があるということです。

主に血液中の血栓を溶かす薬であるワーファリンという薬があります。
心筋梗塞や脳梗塞を患った人が飲む薬ですが、この薬を飲んでいる人は納豆は禁忌です。

納豆に含まれるビタミンK2がワーファリンの作用を妨害してしまうためです。

ワーファリン服用者は、処方された医師から納豆の副作用について教えられているはずで、それぐらいワーファリンと納豆は併用注意の食べ合わせなのです。

しかし、ワーファリンを除いては、他に禁忌というべき食べ物や症状は特にありません。
大豆アレルギーの人はもちろん食べられないと思いますが、そういった強いアレルギー症状が無ければ、どんな方がだべ手も大丈夫。

妊娠中の方は大豆イソフラボンのホルモンへの作用を気にする人もいますが、1日1パック程度なら問題ありません。

過剰摂取してしまうと予想外の副作用を引き起こす可能性もありますが、毎日の食事に1パック食べるのであれば、健康に良い以外の作用は特にありません。

納豆は、積極的に食事にとりいれてほしい食べ物です。

スポンサードリンク

体に良いと評判の納豆!副作用や禁忌、注意しなければならない事は?に関連するコンテンツ