1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. 納豆菌の驚きの効果
  3. 納豆菌パワーは心筋梗塞にも効く!?納豆の未だ明かされていない効果

納豆菌パワーは心筋梗塞にも効く!?納豆の未だ明かされていない効果

心筋梗塞は、心臓の筋肉が壊死してしまう心臓病の一つで、発症すると高い確率で死に至る怖い病気です。
心筋梗塞を未然に予防するために、納豆が良いというのは本当?
納豆パワーの秘密について徹底調査してみます!

心筋梗塞ってどんな病気?

心筋梗塞とは、心臓病の一つで、冠動脈の動脈硬化により血管が狭くなり、血液の流れが制限されて心臓の筋肉が虚血状態になり、壊死してしまった状態のことを心筋梗塞と言います。

心筋梗塞は狭心症を伴って突然起きることが多く、その原因は多岐にわたります。

発病因子として考えられるのは、喫煙や糖尿病、高血圧、ストレス、肥満などがあり、男性の方が早くから発病する因子が多いようです。

発症から時間がたてばたつほど死の危険が高くなり、致死率が20%と非常に高い、恐ろしい病気です。

納豆で心筋梗塞を防ごう!

心筋梗塞を防ぐためには、やはり普段から健康的な食事や不摂生を避けることが何よりも大切です。

特に食生活は大事で、心筋梗塞の原因となる「血管が狭くなる」という状態を防げるよう、血管をきれいに保ってくれる成分を摂取すれば、心筋梗塞の予防になるでしょう。

血管をきれいに保つ成分として有名なのはナットウキナーゼです。
納豆菌が発酵するときにできる酵素で、納豆を食べることでも摂取できます。

ですが、納豆を毎日何パックも食べるのは大変ですから、最近ではナットウキナーゼ配合のサプリメントも多く出ているので、毎日納豆が食べられない人はサプリメントで摂取するのがおすすめ。

毎日の食生活を整え、心臓病を防ぐために、ナットウキナーゼを意識して摂ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

納豆菌パワーは心筋梗塞にも効く!?納豆の未だ明かされていない効果に関連するコンテンツ