1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. 納豆との組み合わせ
  3. 血液が固まるのを防ぐプラビックスは納豆との飲み合わせはダメなの?

血液が固まるのを防ぐプラビックスは納豆との飲み合わせはダメなの?

プラビックスという血栓防止の薬を飲んでいる方は、納豆との食べ合わせを気にしたことがありませんか?
血栓予防の薬は納豆に含まれるビタミンKがいけない、とよく言われていますが、その真相は?
詳しく解説します!

プラビックスとは?

プラビックスとは、血管の中で血液が固まらないようにする薬で、血栓予防として使われ、主に心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞の予防として使われます。

抗血液凝固薬なので、出血しやすくなったり、血が止まりづらくなったりすることもあります。
必ず医師の処方のもとで服用し、副作用や禁忌について、良く理解したうえで飲むべき薬と言えるでしょう。

同じような効果のある薬としては、ワーファリン、アスピリン、パナルジンなどが有名です。

プラビックスと納豆は飲み合わせが悪い?

プラビックスと納豆は飲み合わせが悪い、プラビックス服用者は納豆を食べてはいけない、そんな話を聞いたことがあるかもしれません。

これは、同じように血液の凝固を防ぐワーファリンの話が派生したもの。

納豆には大量のビタミンKが含まれていて、ワーファリンはこのビタミンKの作用で効果が著しく薄くなってしまうため、ワーファリン服用者は納豆を食べることを禁止されています。

しかし、同じ効果の薬でも作用は全く違うものなので、納豆を食べてはいけないのはワーファリンだけで、その他の抗血液凝固薬は関係ありません。

プラビックスを服用している方は安心して納豆を食べられます。
心配な場合は処方されたお医者さんに確認し、納得したうえで食べてくださいね。

スポンサードリンク

血液が固まるのを防ぐプラビックスは納豆との飲み合わせはダメなの?に関連するコンテンツ