1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. 納豆との組み合わせ
  3. 血液が固まるのを防ぐプレタールは納豆と飲み合わせてはダメなの?

血液が固まるのを防ぐプレタールは納豆と飲み合わせてはダメなの?

血管内の血栓を防ぐために処方される薬、プレタール。
このプレタールは同じ作用のあるワーファリンと同じように、納豆を食べてはいけないのでしょうか?
ビタミンKとの相互作用はあるのでしょうか?
プレタールと納豆の関係を詳しく解説します。

プレタールとは

プレタールとは、血液が固まるのを防ぐ抗血小板薬です。

血管内で血液ががたまり、血栓ができると心筋梗塞や脳卒中をおこします。
そういった血栓を防ぐ目的で使用される薬です。

同じような作用の薬として、ワーファリン・バイアスピリン・パナルジンなどがありますが、どれも血液凝固作用がある薬で、作用の仕方は異なります。

プレタール服用者は納豆が食べられない?

血液をサラサラに保つ薬を飲んでいる方は、よく納豆との食べ合わせを気にします。
代表的な薬であるワーファリン服用者が、納豆の摂取を禁じられているためです。

ですが、血液をサラサラに保つ薬はすべて、納豆との相性が悪いというわけではありません。
そもそも、なぜワーファリンと納豆がいけないかというと、納豆に含まれるビタミンKがワーファリンの効果を阻害するから。

ワーファリン以外の血栓予防薬では、血液の抗凝固作用が違うので、納豆を食べても問題ないのです。
どちらかと言えばグレープフルーツジュースのほうが禁忌と言えるのではないでしょうか?

プレタールだけでなく、ほかの血液凝固作用の薬にも言われることですが、グレープフルーツジュースは薬の血中濃度が上がり、副作用が出やすいと言われています。

こういった禁忌と言われている食べ物は、医師によく相談してから摂取するようにしてください。

スポンサードリンク

血液が固まるのを防ぐプレタールは納豆と飲み合わせてはダメなの?に関連するコンテンツ