1. ナットウキナーゼ特集TOP
  2. 納豆との組み合わせ
  3. ワーファリン服用者はなぜ納豆食べてはダメなの?食べるとどうなる?

ワーファリン服用者はなぜ納豆食べてはダメなの?食べるとどうなる?

ワーファリン(別名ワルファリン)を飲んでいる人は納豆が食べられない、と言われています。
納豆には体に良いとされるナットウキナーゼが含まれていますが、そのほかの成分が相互作用でワーファリンの働きを妨げる危険があるんです!

ワーファリンとは?

ワーファリンはワルファリンとも言い、心臓の病気がある方などが飲んでいる薬で、抗凝固薬です。
一生飲み続ける必要がある人もいます。

ワーファリンは、一言でいうと血液が固まらないようにする薬です。
血液は血管の外に出ると固まりますよね?それを凝固機能といいます。

血液の凝固因子はタンパク質。
そのタンパク質を生成するビタミンKの生成を妨げることによって、血栓ができるのを予防する、それがワーファリンの役目です。

ワーファリンを飲んでたら納豆は食べられない?

ワーファリンという薬を飲んでいる人は納豆が食べられない、と言われています。
納豆に含まれる酵素ナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用があるといわれていますよね。

ということはナットウキナーゼとワーファリンは同じ作用?と思われるかもしれませんが、ナットウキナーゼにはワーファリンの効き目を妨げるビタミンKも含まれているのです。

ビタミンKとワーファリンの相互作用でお互いの働きを悪くしてしまうのです。
なので、ワーファリンを飲んでいる人は納豆が食べられないんですね。

納豆1パックぐらい...と思われるかもしれませんが、納豆のビタミンK含有量はかなり多く、ワーファリン服用者は一番に注意するべき食べ物なのです。

スポンサードリンク

ワーファリン服用者はなぜ納豆食べてはダメなの?食べるとどうなる?に関連するコンテンツ